診療内容:一般歯科

一般歯科
虫歯歯周病など、歯及び歯の周囲の病気の治療、および歯牙欠損部の補綴(おぎなうこと)を主とする歯科診療のことをいいます。小児・矯正歯科口腔外科・インプラントなど新しく専門標榜科がうまれたため、これらと区別する意味で用いられています。

一般歯科は以下の医院で診療しています。

巻医院吉田医院加茂医院新潟医院

虫歯治療

虫歯治療虫歯の原因
むし歯とは口の中の細菌が歯を溶かしてしまうおそろしい病変のことです。
細菌によって歯のエナメル質を溶かし、そのあとエナメル質よりもやわらかい象牙質、歯髄へと進行します。このころになると歯が痛みだします。また、象牙質や歯髄はエナメル質よりもやわらかいので、どんどん溶けていきます。

治療
虫歯は日々の歯磨きで進行するのを遅くしたり防いだりできても、治すことできません。痛みを伴う頃には、最悪の場合手遅れになります。歯科検診で「C(英語で虫歯をカリエスと言います。その頭文字です。)」と言われたら、それは虫歯のことです。虫歯を発見したら、痛む前に、歯科医にいらしてください。早期発見により、痛みなく治療できます。

歯周病治療

歯を失う原因のうち、第一位は歯周病です
歯周病とは、歯を支えている組織(歯ぐき・歯根膜・歯槽骨・セメント質)に起こる、さまざまな症状の総称です。今、歯を失う原因として最も多いのが歯周病であり、80%以上の成人が歯周病であるといわれています。
歯周病進行度合い

歯周病の予防・歯磨きの指導

歯周病予防
歯周病は生活習慣病ともいわれています。研究の結果、生活習慣が歯周病の発症や進行に大きく影響することが判明しています。歯周病ケアのためには生活習慣をしっかりと見直すことも大切です。例えば食生活の乱れ・過剰喫煙・ストレス過多・睡眠不足・運動不足は、歯周病と大きく関わりがあります。
日本人に多い糖尿病の患者さんは特に歯周病のケアー、メインテナンスが重要になります。
虫歯予防
虫歯を防ぐには、なんといっても歯磨きです。歯垢を歯みがきで常に取り除いていればむし歯にはなりません。しかし多くの人は約85%しかみがかれていません。人それぞれ歯みがきに癖があり、欠点があります。この欠点は歯科衛生士に診てもらえばすぐにわかります。歯磨きの欠点をなくすことが正しいみがき方の第1歩です。
小児期には虫歯予防処置として主に第一大臼歯(六才臼歯)のシーラント処置、乳歯列期からのフッ素塗布も重点をおいて行っております。

お急ぎのお問い合わせはお電話で